1/20

 大池の暮らし

(助産院mamita)

既存の住宅を助産院へ用途変更し、新たに2世帯のための住居を増築した、助産院兼用住宅になります。

 

敷地全体を助産院という大きな施設と捉えて、増築部分をコウノトリの巣箱と見立てたデザインにすることで、施設全体のアイキャッチをつくりました。

赤ちゃんはそれぞれ個性が違うように、建物にも様々な形状の開口部を設けて、たくさんの赤ちゃんを受け入れてくれる思いを込めています。

助産院と住宅部は隣接しているため、プライバシーや風・採光などの住環境を考慮して、低層のボリュームを緩衝材として配置しています。

庭には、たくさんの種類の緑や果実が植えられています。

検診に来られるご家族が季節を感じれるような環境を整えたいと考えました。

中長期にはなりますが、みなさんとともにじっくりと時間をかけて楽しみながら「mamitaの森」を築き上げていけたらと願っています。

​▶︎助産院mamita

​⬛︎設計・監理:atelier niki

⬛︎施工:有限会社 内山工務店

⬛︎アドバイス・サポート

 -珪藻土:House Corporation

 -EMパウダー:有限会社 イーエムゆいまある

 -F&B:KifuL 

 -インテリアコーディネイト:FOBPOCKET

 -サイン:製作_サイン・エフェクト株式会社

     デザイン_atelier ricca(アトリエ立夏)

     素材提供_MATERIAL MARKET

     フェルト_Textile Artist 新田 その

 -植物:tsumugi

use:

location:

date:

​size:

​type:

助産院兼用住宅

福岡市南区

2017.04

​木造2階建て

用途変更+増築

Copyright © 2018 atelier niki. All Rights Reserved.