top of page

大佐野のクリニック
(たてあきクリニック)

地域貢献や総合診療を理念とした、内視鏡・CTをメインとしたクリニックになります。

薬局とクリニックが連携を図れるよう近接させ、患者さまとのコミュニケーションの場を薬局とし、クリニックは診断の場(無機質な要素)とすることで、患者さまがこれまで話せなかったことを薬局側でゆっくりと聞き取り、その情報をクリニックへ情報共有することで、診断の効率や質を上げることを実現しました。

この連携を図るため、大きな屋根で覆うことで、雨の日でも容易に行き来できるよう患者さまの動線に配慮しました。

外観はマッシブなボリュームが軽やかに浮いているようなデザインとし、柔らかくて温かみのあるグレージュをメインカラーとしました。
内観は白を基調に、天井や建具・サインなど、至る所に木を使用することで明るくて落ち着きある空間としました。

クリニックは、患者さまとスタッフの動線が交錯しないよう、コンパクトで回遊性を持たせた計画としました。
また、コロナ対策として隔離室を設け、通常は患者さまとの相談室として有効活用できるよう計画しました。

薬局は、外部からの視認性を上げるため道路側に配置し、待合部分をガラス張りとすることで立ち寄りやすい環境づくりを行っています。

このように、誰もが行きやすく利用しやすいような「コンビニエンスなクリニック」を目指します。

■設計・監理:アトリエサンカクスケール株式会社 + atelier niki 
■撮影:ikumasatoshi(Techni Staff)

use:

location:

date:

​size:

​type:

クリニック

福岡県太宰府市

2022.11

W造+一部S造/平屋​建て

​新築

bottom of page